福祉経営情報
福祉経営情報
文書作成日:2019/03/31


 4月は新年度の始まりであり、新卒採用を行った福祉施設にとっては、新入職員を迎える時期でもあります。ここでは、学歴別に福祉施設等の初任給に関するデータをご紹介します。




 厚生労働省が毎年実施している調査結果の最新版(※)などから、福祉施設等(以下、医療,福祉)の直近3年間の初任給の推移を学歴別にまとめると、表1のとおりです。



 2018(平成30)年の結果をみると、男性は大学院修士課程修了と大学卒が20万円を超えました。高専・短大卒は19.0万円、高校卒が16.0万円です。女性は大学卒が20万円を超えました。大学院修士課程修了は19.8万円、高専・短大卒は18.3万円、高校卒は15.9万円でした。2017年からの増減については、男性では高校卒以外は増加しました。女性は大学院修士課程修了と大学卒が減少しましたが、高専・短大卒と高校卒は増加しています。




 2018年の産業計の初任給を100としたときの、医療,福祉の初任給をまとめると表2のとおりです。



 高専・短大卒が男性103.9、女性101.2と産業計を上回りました。他の学歴は産業計を下回っています。大学卒と高校卒が90台後半なのに対して、大学院修士課程修了は男女ともに80台となり、産業計との差が目立つ結果になりました。

 全体的には賃上げ傾向が依然として続いていますが、2019年の初任給はどのようになるでしょうか。


(※)厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況
 10人以上の常用労働者を雇用する民間事業所のうち、有効回答を得た事業所の中で新規学卒者を採用した15,663事業所を対象に、初任給が確定している15,155事業所について集計したものです。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 
お問合せ
塩田公認会計士税理士事務所
あさがお経営研究所
郵便番号
〒164-0003
住所
東京都中野区東中野
四丁目10-13 イースタンハウス301
TEL:03-5937-6410
携帯:090-7199-2981
FAX:03-5937-6420
メールでのお問合せ